いろいろなパフォーマンスや遊びの知識を得る

歌唱方法

たたずむ着物姿の女性

演歌は、演説歌の略語である。歌唱法の特徴としては、小節と呼ばれる独特の歌唱法が多用されている。またビブラートを深く巧妙に入れている。演歌歌手は、歌唱時に和服を着用することが多い。これは日本的なイメージを大切にするためである。 2000年代に入り演歌歌手はポップスを意識した楽曲を発表するような動きも増えている。これまでランキング上位を占めていたJ-POP全体の売り上げが停滞するにつれ、相対的にランキングでも上位に顔を出すことが多くなった。また演歌歌手のデビューも毎年4〜5人まで増えてきている。 坂本冬美がフォークデュオのビリーバンバンの楽曲「また君に恋してる」のカバーが話題となり、演歌歌手としては異例のヒットとなった。

演歌歌手は他のジャンルと比較すると憧れている人数は少ないが、日本では定着しているジャンルの一つであり、特に中高年の人からの人気が高い。演歌歌手は売れなければ収入につながらないので、売れない時代はアルバイトなどで生計を立てる人が多い。下積み時代はスナックや公民館、老人ホームなどに出向いて歌を披露する機会も少なくない。最近では健康ランドなどのイベントで披露する機会もある。 大御所と呼ばれるくらいに売れると、年間で億単位のお金を稼ぐことも夢ではない。大御所クラスになるまでが、とても大変な世界だと言える。演歌の場合1曲でもヒット曲があれば、その曲だけでも食べていけるとも言われており、1曲だけで食べていけるほど優遇されることもある。

Copyright © 2015 いろいろなパフォーマンスや遊びの知識を得る . All Rights Reserved.